ビジネスで成功を手にするランチェスター戦略

兵士の数の多い方が勝つと仮定

まずは「ビジネスで成功を手にするランチェスター戦略」で公開しているランチェスター戦略情報にご注目ください。
きちんとランチェスター戦略に関する知識を理解しておきましょう。

 

仮に武器の性能と兵士の戦闘能力が第一法則ではおなじと仮定をすると、兵士の数の多い方が勝つと仮定をしています。

 

経営者のつくった戦略をもとにして現代のビジネスでいうと、経理や営業、製造などの部門が戦略を実行するのにとっても最適な戦術をつくることになります。

 

一般的に戦略と戦術の違いとしていわれているのが戦略とは長期間的な目標や作戦では変更されにくいもの。

 

攻撃を受けたときにどの兵士に当たるわからない確率的に第二法則の前提として損害がでることです。

 

1人が多数に対して銃器、火砲、航空機が発達し攻撃が可能な戦闘を前提とする法則で成果と損害に関してこのような戦闘で考えて出されたものがランチェスター第二法則である。
戦術とは短期的な戦略に基づいた目標や作戦で状況に応じて変更し、戦略を成功させるためにある物です。
仮に火砲の戦闘を第二法則でAチーム10人、Bチーム8人で戦闘するとAチームの生き残りが第一法則ではふたりになるが、相手兵数の二乗 の攻撃を第二法則では受けることになるので10の二乗-8の二乗=100-64=36になり36のルートで6になり、6人というAチームの生き残りの計算になります。

 

Aチーム100名対Bチーム50人で仮に戦闘すると50人がAチームは生き残り、50人が戦死、全員Bチームは戦死となって、Aチームが100人が仮にBチームが20人で戦闘すると80人がAチームは生き残り、20人が戦死、全員Bチームは戦死となります。
その多い数だけ兵士の多い方が生き残りの数も多く勝利するのがランチェスター第一法則でです。

 

一人が一人しか刀や槍、こん棒などで狙えない戦い方でたいてい一騎打ちを想定したものを基に考えられた法則がランチェスターの第一法則です。

 

この記事に貴方がたどり着いたということは、きっとランチェスター戦略に関することを調べているのでしょう。
参考にするべきサイトがネットの世界には多数ありますので、まず最初はファインダビリティの基本的な知識を学ぶことが大切です。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ