ビジネスで成功を手にするランチェスター戦略

SEOは成果を短期間的に出すのがむずかしく、長い期間で見ていく必要があります。
言葉通りコレはロングテール(長い期間)でスモールキーワードをサイトに散りばめ、小さいアクセスを積み上げる方法です。

 

ロングテールSEOという手法がそのようなスモールワードを駆使したSEOにあります。
ビッグキーワード単体では今は個人のウェブサイトが上位表示されるのは困難な時代なので、キーワードをいくつか組み合わせていく方法を基本的にはおススメしてます。

 

つまり複合させるということですね。
検索数の多いこのようなビッグキーワードでも組み合わせ型により上位表示が可能です。しかし厳しいときもそれではあるので、そのときはスモールワードを使っていきましょう。

 

安定したアクセスをロングテールSEOという手法で攻める事で得る事ができるので実践をしてみて下さい。

 

数多くのキーワードを一つ一つのアクセスは小さいので盛り込む(=記事をたくさん書く)必要があるんですが、安定したアクセスを受けることができるのが持ち味です。

 

まず狙うサイトをキーワードを作成をする際や記事を書く場合は選定する必要があるんですが、戦略はビッグキーワードを使うのかスモールキーワードを使うのかで変わってきます。

 

「稼ぐ」だけではたとえばビッグキーワードで上位表示が難しいので「稼ぐ」「ネット」「お金」のように組み合わせていくという事です。

 

あまり検索数は多くはありませんが、複合キーワードとしてこれも同じように組み合わせていくことで意外と大きなアクセスになります。このスモールキーワードでどれだけアクセスを拾えるかが現在のネット業界では稼ぐためのカギになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ