ビジネスで成功を手にするランチェスター戦略

「販路開拓なんてそもそもいるのか」という見直しが必要なのです。
今100やってることを120にするために戦略が無ければ、血みどろの努力をします。
全く別の観点から今やっている事を見直して、 ビジネスを再構築をしていくためには、戦略が必要デス。
売上・利益が2倍にはなっても、戦術的な努 力、今の100を120にする発想では、10倍、100倍にはなりません。
100円の原価を90円に下げたり、100件の訪問を120件に したり・・・。それができるうちはいいのですが、みんな今は努力してやっています。
力を「販路開拓」に入れるのではなく、たとえば別の会社にそれをやってもらう、こ ちらをお客様から探してもらう、そもそも販路開拓やりないで代理店にやってもらう、などなど、角度をちょっと変えてみれば、必要では今の努力が無いかも知れませ ん。
2割売上とか利益を上げるためならば、20%今やってる事を改善、今の努力の延長、「もっと頑張 る」でいってみれば達成できます。しかし、3倍、10倍に売上・利益をするために、3倍、10倍に今の努力をできますか? 10時間今1日働けばできるところを12時 間働いて20%稼ぐことはできると思います。でも、3倍に1日30時間働いてする事はできないわけです。

 

販路開拓をそのお客様も必死でやっ て来られる努力は良いでしょう。だが、限界がそのような、「直線的な努力」ではあるのです。
体力の限界で結局のところ力つきていきます。
直線的な改善ではなく、飛躍的な向上には、戦略的発想がですから必要なんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ