ビジネスで成功を手にするランチェスター戦略

まだ、これらのCMSソフトが自社のwebサイトに導入をされてない場合は、SOHOの方などに依頼されると良いでしょう。
(サイトの規模によっても違いますが、相場は3万円くらいだと思います。
ホームページ制作会社にページを更新するたびに頼んでいたのでは、お金がいくらあっても足りませんから、MTもしくはワードプレスなどの、CMSソフトをロングテールSEO対策をスタートする時には導入の必要があります。

 

非常に記事の中のキーワードの出現回数も重要です。
最低でも記事を準備するときには、600文字以上の記事を準備する事をオススメ。
250文字程度で昔は十分だったのですけど、文字数が多いページが2013年10月頃より検索エンジンに重視されるようになってきてます。

 

さて、CMSをインストールして頂いた後は、「キーワードのリストアップ」をロングテールSEO対策の手段の次の段階としてしなければいけません。

 

ロングテールSEO対策の基礎的やり方について、ココではご紹介をさせていただきたいと思います。

 

600文字の記事だとすれば、目安としては、4回〜6回程度が目安となります。
出現率が2.5%〜4%の範囲になるように目標としているキーワードは、設定することで、上位表示される可能性が高くなります。
このごろ多いご相談として「ロングテールSEO対策の方法を教えて欲しい」ということを数多くいただきます。
まず「ホームページを自分で更新できる環境」をロングテールSEO対策を実践するための準備の段階として、整える必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ