ビジネスで成功を手にするランチェスター戦略

「集中」が戦略性のない企業に限っておこなえず、つまみ食いしようと儲かりそうな市場を見つけてはして時間を無駄にします。
ターゲット層や一度地域、商品を確定したら、コレは、徹底的にそこにたいしの販売を集中する。ということです。

 

はじめはスポーツシューズメーカーで有名な「アシックス」も、「バスケットシューズ」に限定して、製造販売をし、40%以上ものシェアをその分野で確保してから、次の商品へ進出をしています。

 

このように、No.1の地位を築くことで、いくら小さい市場でも、次の「道」が見えるのデス。

 

金・人や時間といった経営資源も、これでは、無駄に浪費をしてるということとなります。
「陸軍であれ海軍であれ、その主力戦力を作戦場面のなかの一点に集中するというノウハウが、すべての戦略の中心に置かれなければならない」
以上です。
市場シェアを獲得するための基本概念であるランチェスター戦略(法則)では、「ナンバーワン主義」と「一点集中主義」といったモノがあります。
ナンバー1の地位を確保するまでは、どんな小さい市場であっても、自らの経営資源を集中し続けなければならないのです。
次みたいにF・W・ランチェスター自身も、言ってます。


ホーム RSS購読 サイトマップ