ビジネスで成功を手にするランチェスター戦略

ロングテールというとトレンドサイトは少しニュアンスが別になってきますが、上位表示が被リンク等のSEO対策をしなくても、できるキーワードを探して記事を書く、という手法デス。
それだけビッグワードを狙うときは多岐に渡る層に向けたコンテンツ作成が必要になってきます。
反対に相手の属性をスモールキーワードだと絞り込めるので、コンテンツの量もその層に向けたコンテンツを作っていけばいい分少なくて済みます。(多いに越したことは当然ないですが)

 

ビッグワードを個人レベルで狙うのは厳しい部分があります。
それにどの程度SEO対策すればこのレベルのキーワードだと上位表示できるのか?も初めは分からないですしネ。

 

ビッグワードを狙う場合が基本的にSEOというと多いです。
流行や季節によってアクセスが急増をするキーワードを狙っていくので、スモールといっても上位表示させやすいのにアクセスが爆発をするキーワードを狙っていきます。
どのレベルのキーワードならば単純に上位表示できるのか?が学べるので、サイトで収益を上げたい場合はトレンドを実践してみるのが一番効率が良いですよ。

 

単純にそれはアクセスがビッグワードの方が集まるから。

 

また非常にビッグワードで上位表示させるのは難易度が高く、高度なSEO対策、コンテンツの質が問われてきます。
数多くのロングテールで上位表示させた方がビッグワードで1位を取るよりも、売上が上がる可能性が高いデス。


ホーム RSS購読 サイトマップ